レディースキャッシングとは?

転職におけるレバテックキャリアのインタビューの魅力

Written on 2018年8月28日   By   in 転職

レバテックキャリアでは転職の申し込みをした方に対してインタビューを行うことをしています。
これによって、申し込みをされた方の仕事にたいする情熱やニーズを的確に把握することが可能になりますので、効率の良い仕事探しのサポートが可能になります。

求人の申し込みは公式のwebサイトから行うことができますので、簡単に手続きを完了させることができます。
入力された内容についてさらに詳しく応募者のニーズにこたえるためにインタビューが行われます。
その際には応募者の希望を聞くだけでなく、応募者の疑問点や仕事選びに関する悩みについても対応することを行っています。
それらの結果を総合的に判断して、最適な仕事の情報を応募者に与えることをしてくれます。

その後の面接についても懇切丁寧なサポートが展開されていきます。
見事採用が決まった場合の入社までのフォローについても丁寧な対応を心がけてくれます。
公開されている求人情報の他にも非公開の求人情報についても応募者のニーズに合わせて紹介してもらうことが可能なシステムとなっています。

会社に入社した後も定期的なヒアリングを行うことによって、満足の高い就労状況であるかの確認もしてもらえます。
いうまでもありませんが、就労状態に満足できない部分は忌憚なく相談することも可能です。
できる限りの対応を心がけてもらえますし、どうしても他の会社に移動したいというような切実な希望に対しても真摯に対応してもらうことが可能です。
単に求人情報を応募者に提供するだけでなくて、応募者の声にいつも敏感な対応を心がけてもらえます。

仕事を紹介してくれるサイトは非常に魅力的ですが、情報の提供が場合によっては一方通行であることも多いものです。
一方通行になってしまうと大きな満足を得ることができなくなってしまう場合もでてきますので、紹介サイトを選ぶ際には応募者の声を十分に反映させてくれるサイトを活用するようにするのがお薦めです。

レバテックキャリアの評判を徹底分析はこちら

 

動き出す前に知っておこう!転職活動にはどれぐらいの期間がかかる?

Written on 2018年8月27日   By   in 未分類, 転職

最近は、終身雇用、年功序列に固執する人が若年層を中心に減少しており、転職が一般的になっています。転職は、自分をアピールして新しい仕事を探すことになりますので、一定の期間が必要になります。一概には言えませんが、転職活動にかかる期間は、3カ月から6カ月程度であると言われています。

企業のホームページなどから直接応募する方法もありますが、転職エージェントなどに相談の上で、新しい仕事を探す人が増加しています。リクらくや転職エージェントに相談することで、履歴書や職務経歴書などをブラッシュアップすることができ、効率的に活動を行うことができ、期間を短縮できる場合もあります。

転職エージェントから希望する企業に書類を送付してもらい、早い場合であれば、翌週や翌々週くらいに面談が設定されます。面接の回数は企業によって異なりますが、3回から4回程度が多くなっています。面接を行い、最終的な結果が出るまで一定の期間が必要になるため、早い場合であっても3カ月程度は必要になります。

また、企業によっては面接を10回以上行うところがあり、そのような場合は転職活動を行う期間が長くなります。書類の送付から内定が出るまでに6カ月程度必要なケースがあり、応募する企業によって必要な期間はまちまちになっています。

新しい職場から内定が出てから、現在の仕事を辞めるための引継ぎなどもありますので、実際に転職先に入るまでには、さらに期間が必要になります。

,  

ハタラクティブは幅広い求人で転職組を強力にサポート

Written on 2018年8月24日   By   in 転職

他社でうまくいかなかった中途採用組の最後の砦と称される、ハタラクティブは扱う企業の種類が幅広く初体験でも手厚い就活サポートで確実に内定が決まると高い評価を受けています。企業の特徴についてまとめてみました。

平成30年代に入って過去最高の就職率を記録している事は、厚生労働省の調査で明らかになっています。大学卒業の新卒で男女共にほぼ100%という高い数値を示し、高卒でも9割近い内定率となっていますから、まさに就職黄金期と言っても良い状況です。では中途採用組などの内定率はどうなのかと言いますと、大変厳しい現実を突きつけられます。

いわゆるエージェントと呼ばれる複数のキャリア支援のプロに言わせると、最初の書類選考を通過できる確率は2割、一次面接はさらにその2割、適性検査では90%と高い通過率を示すものの最終面接まで通過するのはわずか数名という結果になります。なんとか一次面接までこぎ着ければ最終予選に残れる可能性が出てくるのですが、企業によっては20倍以上の倍率を生き残らなければならないのです。

それならなるべく最初の内定先から離れない方がいいのではないかとも思えるのですが、諸事情も様々ありますから安易に留めておくわけにもいきません。なかなか内定せずにさまよい歩く中途採用組から熱い視線を投げかけられている就活サポート企業があります。豊富な求人を誇る事もさる事ながら、キャリアにまったく自信がない人や正社員経験皆無という人でも、親切丁寧にサポートしてくれるという事で、第二新卒者からも高い支持を受けているのです。

内定率もバツグンにいいですから他社でいくつも断られたような、難ありの人であっても確実に内定を決める事ができます。いわば最後の砦として利用されているのです。その代わり企業のえり好みは言っていられませんが、ともかくも就職を決めたいという人にはオススメです。実際自社ホームページの中で、20代を中心にしたフリーターや第二新卒者を対象にした、就職活動サポート企業であると明言しています。

ハローワークと並行して利用すると、内定を早く決めたい時には特に有功です。実際ハローワークに掲載されている企業のほとんどが求人スペースにあがっていますから、社会的にも信頼できる企業が多いという事にもなります。

フリーターや第二新卒者などからも熱い支持を受けるハタラクティブは、転職を希望しながらなかなかうまくいかず悩んでいる人たちを、どこよりも丁寧にサポートしてくれる頼もしいパートナーです。